家庭教師の種類

家庭教師とひとくくりに言ってもその種類は様々です。
個人で仕事を行っている人もいますし、家庭教師センターのような場所から派遣されてくる人もいます。
センターから派遣されてくる場合にも、アルバイトの大学生の場合もありますし、プロの正社員の場合もあります。

家庭教師のメリットとして、自宅まで来てもらえる点があります。
送迎の手間が省けますし、女の子の場合には夜出歩かなくて済むので通塾中のトラブルの不安もありません。
そして、自分のペースに合わせて授業を行ってもらえるため、苦手なものや授業で理解できなかったものに絞って効率よく勉強ができたり、志望校の入試対策といった自分の目的に絞った指導を行ってもらえるのも魅力です。
そのため、成績の上位生、下位生共に指導をしてもらえる先生を探している人も多くいます。

しかし、デメリットもいくつかあります。
まずは、先生との相性が大切であることです。
マンツーマンだからこそ、子どもが信頼してついていける先生でなければ成績を伸ばすことが難しいです。
そして、費用も塾に通うよりも高い場合が多いです。
塾では集団授業であるのに対して家庭教師はマンツーマンであり、さらに先生が自宅まで来てくれます。
その手間の分も加わるため家庭教師は塾より割高なケースが多いのです。
せっかくお金をかけて授業を受けるのですから、少しでも効果の出る方法を選びたいものです。
そこで、ここでは新しい形態として情報通信型の家庭教師について紹介をしていきます。



*特選外部サイト*
相性のよい先生と受験対策を行っていける家庭教師の会社です ... 家庭教師 受験対策

Copyright © 2014 家庭教師を選ぶなら情報通信型 All Rights Reserved.